在宅医療

第3回 全国在宅医療医歯薬連合会全国大会

大会長あいさつ

第3回全国在宅医療医歯薬連合会全国大会 大会長
医療法人社団悠輝会 コーラルクリニック 理事長

石垣 泰則

photo

第3回全国在宅医歯薬連合会大会を迎えるにあたり

 全国在宅医歯薬連合会は医療の大きな柱である医師、歯科医師、薬剤師のうち在宅医療を担う一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会、一般社団法人全国在宅療養歯科診療所連絡会、一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(JHOP)が一体となって運営する団体です。在宅医療の現場では以前から互いに連携をし、患者さんを支えてまいりました。しかし、3団体が全面的に協働する全国レベルでの公式の場はこれまで無く、「これから迎える超高齢社会の難局に立ち向かうためにAll Japanの体制が必要である」という新田國夫日本在宅ケアアライアンス議長の声掛けに3団体が応え、全国在宅医療医歯薬連合会が発足し、第3回大会を東京で開催する運びとなりました。メインテーマは「All Japanで在宅医療をブラッシュアップする ー超高齢社会の東京を救う、日本を救うためにー」とし、初心を踏まえ、更に発展させることを目指します。

 在宅医療を支えることは医師・歯科医師・薬剤師のみでは当然成し得ません。重要な役割を演ずる看護・介護・リハビリテーション・栄養をはじめとする専門職の方々や行政の協力が必須です。日本在宅ケアアライアンスは在宅医療分野における20の学会・職能団体が会し、国民へ在宅医療を啓発し、行政と協働し、学会の支援を通じ在宅医療のエビデンスを構築し、人材育成を行い、在宅医療の倫理を確立すること等を目指し活動する連合体です。第3回大会では日本在宅ケアアライアンスに所属する団体に加入する皆様にも参加していただけるよう、多彩な講演やシンポジウムを提供する準備を進めております。

 2018年度、全国在宅医療医歯薬連合会の会長が新田國夫先生から鈴木央先生にバトンタッチしました。在宅医療は地域で行われる医療であり、安心して暮らすことのできる地域には良い在宅医療が根付いています。在宅医療は社会保障の一環であり、地域からの発信を国が受け止め、良い行政システムにつなげていくことが求められています。国の協力・国への協力を推し進めることが、さらに今後求められていくことと確信いたします。

 公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団は2000年から在宅医療の推進のために、様々な事業の助成を行って参りました。全国在宅医療医歯薬連合会も勇美記念財団の多大な支援のもと活動することができております。私たちは財団の協力に感謝し、設立者である住野勇名誉理事長の尊い志の実現のため、広く国民のため、良質な在宅医療の普及と推進に尽力したいと考えます。

 第3回全国医療在宅医歯薬連合大会はコングレスクエア日本橋(東京都中央区日本橋1丁目)で2019年9月28・29日に開催いたします。全国から在宅医療に取り組んでいる専門職の方々とその活動を支える事務職や行政職の方々も含めた全ての在宅医療実践者の方々が、参加して有益な大会にしたいと考えています。大会では選りすぐりのテーマを選び、情報交換や交流の場を提供する所存であります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Copyright © 第3回 全国在宅医療医歯薬連合会全国大会. All Rights Reserved.