第2回 全国在宅医療医歯薬連合会全国大会

プログラム - 薬科

5月26日(土)

■ シンポジウム@ (16:30〜18:00)

テーマ 在宅栄養管理の理想的アプローチ
〜「栄養」×「運動」×「薬」〜
座長・司会 山本 新一郎(ダイドー薬品株式会社 代表取締役)
志摩 大介(ゆう薬局グループ)
演 者 宮崎 圭子(京都府栄養士会 菅理栄養士)
豊田 義貞(龍生堂薬局 薬剤師)
山下 和典(認知症排泄支援の会 作業療法士)
片桐 正(てらど訪問看護ステーション 理学療法士)
内 容 「栄養」×「運動」×「薬」の視点より在宅栄養管理の進め方を再検討する。
職種ごとの実際の活動、役割について共有することで、専門職固有の視点を示し、コラボレーション(連携)による相乗効果がどのような方法で得られるかを考える。これにより、患者への理想的なアプローチを示す。
これから連携を加速させたいと考えている参加者に第一歩を与えるシンポジウムとする。

5月27日(日)

■ シンポジウムA (9:30〜11:30)

テーマ シームレスな多職種連携を考える
座長・司会 宇野 進(京都府薬剤師会 副会長)
楠本 正明(京都薬科大学)
演 者 未定
友沢 明憲(京都九条病院 薬剤師)
宇都宮 励子(あおぞら薬局 薬剤師)
村上 成美(渡辺西賀茂診療所 訪問看護師)
内 容 訪問薬剤管理指導を進めるには?
多職種は薬剤師の在宅業務をどの様に捉えているのか?
薬剤師自身は在宅業務をどのように捉えているのか?
病院薬剤師は退院後の患者の薬剤管理をどう考えているのか(ポリファーマシー等も含めて)?
薬剤師が介入して効果があった事例など(多職種から)。
多職種が薬剤師に何を期待しているのか(多職種に講演してもらう)。
今後、薬剤師が内向きにならずに外向きになるにはどうすればいいか?
薬剤師は在宅に向け積極的に関与するにはどうすればいいか?
keyword 病院薬剤師の積極的な関与。
地域包括ケアシステムに関与するには?
薬局薬剤師主体でケア会議の開催など積極的な関与は?

■ シンポジウムB (14:00〜16:00)

テーマ 医療制度の中の薬局の未来を考える
〜グループワーク〜
座長・司会 高橋 眞生(カネマタ薬局 JHOP研修委員会)
演 者 武田 俊彦(厚生労働省 医政局長)
大澤 光司(全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 会長)
未定
内 容 医療制度の中の薬局の未来を考える。大澤会長の挨拶のあと、厚生労働省医政局武井氏から「医療制度からみた薬剤師への期待」を基調講演。その後、薬剤師と他職種でSGDを行い、現場の薬剤師として何が出来るのか考える

Copyright © 第2回 全国在宅医療医歯薬連合会全国大会. All Rights Reserved.