ロゴ

第37回 Microwave Surgery 研究会

演題募集

下記の通り、第37回 Microwave Surgery 研究会の演題を募集いたします。

演題募集期間

演題登録開始:2018年3月20日(火)
演題登録締切:2018年5月20日(日)まで

2018年6月5日(火)正午まで延長しました

2018年6月19日(火)正午まで再延長しました

応募方法

メール添付でのオンライン応募となります。このページより演題登録用のWordフォーマットをダウンロードしてご使用ください。

公募内容

口頭発表

演題カテゴリー

応募演題に適合するカテゴリーの番号をお選びください。複数の内容を含む場合、最も適すると思われる番号をお選び下さい。ただし、セッション編成・発表形式については会長にご一任ください。

【主題】

@焼灼療法の治療成績と今後の課題

Aエネルギーデバイスの有効利用、安全性

【一般演題】

B転移性肝癌への局所焼灼療法

C肝細胞癌への局所治療(焼灼療法と腹腔鏡下肝切除術)

D肝細胞癌に対する局所焼灼療法の適応と可能性

E消化管手術におけるエネルギーデバイス使用法と選択

F肝胆膵手術におけるエネルギーデバイス使用法と選択

G婦人科、呼吸器、泌尿器疾患における焼灼術

H焼灼術の反省すべき症例、合併症とその対策、術中マージンの確認

Iうちの施設ではこうしている 〜焼灼術での周術期オーダー(パス、点滴、抗生剤、入院期間、インフォームドコンセント、焼灼後効果判定等)〜

J新たな展開、エネルギー研究と未来

抄録作成要項

演題文字数 全角50文字以内
抄録文字数 全角950文字以内
共同演者数 15名まで
演者施設数 10施設まで
投稿方法 電子メールでの投稿となります。テンプレート(MS-Word)をダウンロードして作成してください。
ファイル名に演題カテゴリー番号、筆頭演者の氏名を記載してください。
(例)「03-山田太郎.docx」(例)「10-山田太郎.docx」

*投稿の際には「所属機関名、部門名」は正式名称でご入力願います。抄録誌に掲載いたします。

演題応募先:研究会事務局
投稿先メールアドレス:mws37.ay@twmu.ac.jp

*メールの件名を「演題)mws37」としてください。

抄録データについて

プログラム・抄録集には応募データをそのまま使用します。 変換ミスなどはそのまま印刷されますのでご注意ください。

演題受領通知

受領通知は、投稿時に使用されたメールアドレス宛に送信いたします。
1週間以内に受領メールが届かない場合、または抄録がうまく送信できない場合は、下記の研究会事務局までお問い合わせください。

個人情報保護について

演題応募により取得した「氏名」・「連絡先」・「E-mailアドレス」は 事務局からの問い合わせや発表通知のためにのみ使用します。また、「氏名」・「所属」・「演題名」・「抄録本文」は抄録集に掲載することを目的としてのみ利用し、本目的以外に使用することはありません。なお、個人情報は事務局にて厳重に管理します。

演題採否通知

7月上旬ごろのお知らせを予定しております。演題の採否、発表セッション、発表形式については会長にご一任ください。

【お問合わせ先】
抄録の内容や該当カテゴリーなど、ご発表についてのご質問

第37回 Microwave Surgery 研究会事務局
東京女子医科大学 消化器・一般外科 担当:山下 信吾

TEL:03-3353-8111(内線25211:山本教授室)
E-mail : mws37.ay@twmu.ac.jp

Copyright © 第37回 Microwave Surgery 研究会. All Rights Reserved.